ドリエル

眠れないので近年気付いた最重要ワードを留める。

「頑張ってもいい」である。

これは「頑張る」という重要な項目に辿り着く為のカギでありドアノブである。

「頑張る」までの道のりは遠く険しい。様々な困難があるが、とりわけ最も挫けるのは、邪魔が入る事である。「その頑張り方でホントに意味あんの?」とか、「それで、最終的には何を得られるの?確証はあるの?本来ならこういう頑張り方をするべきであって、君のは違うみたいだけど、無駄じゃないの?」とか、そういう正論だったり、人によってはただの茶々だったりする。しかしこれらは、どれだけ正しくても、「なんでもいいから今、どっちを向いてるかなんてわからないけど、前に進みたい」という意志からすれば、邪魔になってしまう。

頑張りたい時というのは大抵、下を向いてて方向がわからない時か、スピードが乗ってて方向転換がスムーズにできない時だ。外から客観的に見れば滑稽に見えるかもしれない、右往左往している事を頑張ってると表現する事を、彼らは許してくれない。

頭を上げて冷静に先を見据えて、方向を定めて、一歩ずつ歩んでゆけばいい、というのは正しく正攻法であり、あるべき姿だ。出来るならそうした方がいい。めまいが起きても、周囲に足を引っ張られても、冷やかされても、或いは期待され、期待し、それを裏切り裏切られても、逆に誰にも全く期待されず、ようやく何かを得られた暁に、友達だと思っていた人が冷笑したり嫉妬してきても、絶えず歩んでゆく事を続けて行けるなら、それがまさしく理想だ。

俺にはそんな瞬間は一度もなかったと言っていい。

作品を見せたのに何も言われないとか、気を遣われたりとか、逆にダメ出しはいくらでも出てくるのに全然良いところ言ってもらえないとか、そもそも見てくれないとか、ほぼそんな経験しかない。

一番面白い漫画を描いた、一番綺麗な絵を描いた、その為に膨大な時間を費やした、その全てが「つもり」だったと言われてるような、もっと頑張るしかないとか、努力が足りなかったとか、次はこうしたらいいとか、ホントに描きたかった話なのかとか、簡単に言われたりする。

それについて文句があるとかないとか、そんなのは全然大した話じゃない。「あの作業が、思考が、全部『つもり』で片付けられて終わり?」である。それは果たして、「頑張ってよかったのか」?という気持ちになる。正論とは、「お前みたいに才能ないやつでも、時間をドブに捨て続けていれば、『塵も積もれば』で、いつか地表に出られるかもよ」と、こちらとしては言われてる気分になる。無駄が悪なら、俺が努力するという事の悪性は高い。読むのだって時間を払う。描き手の作業時間と読み手の読む時間がそのまま損失になるのだとしたら、確かに悪と言える。

そんな事を考えていては、歩くどころか、立ち上がれなくなる。そんな事ばかり繰り返しているうちに、足腰は弱くなり、ついに本当に立ち上がれなくなる。幻想でもなんでもなく、現実に、そんな人はいくらでもいるはずなのだ。

だからそこで、「頑張ってもいい」のだ。

これのいいところは、無条件で良いところだ。許す。それだけ。

頑張ってるやつに安全圏から石を投げるやつとはそもそも関わらなくて良い。笑ってるヤツが先をいってるヤツならムカついていい。安全圏で笑ってるヤツは毒にも薬にもならないからそこで死ぬまで笑って死んどけって思ってればいい。励ましてくれるヤツ、一緒に頑張ってくれるヤツ、なら、いくら増えてもいい。ヤバそうなヤツだったら逃げればいい、逃げる方向に進める。実は、人は頑張ってもいいのだ。

足腰が弱くなるよりマシ。沼の底で今よりずっと高い金稼ぐよりマシ。頑張らないよりマシ。死ぬよりマシだ。

キツくなったらうずくまって、また頑張ってもいい。永久機関の完成。あとは弾みで死んじゃうまでは頑張れるはず。

とりあえずやるのだ。始めればなるようになる。机上の彼に言いくるめられてる程、人生は長くはないはず。やっていいのだ。

Gareruなど

年明けてましたね。こんなに時間が経ってるとは…
近況報告など。

◆地元のコーヒーショップの機関紙始めました

神奈川県 横浜市 青葉区 奈良町のコーヒーショップ、”GRIVE”にて機関紙を作成し、設置しております。
2ヶ月毎に発行。
マスターの金子氏のコーヒーへのこだわりや、コーヒーをより楽しめる様なお話を載せております。9ページの漫画も掲載。(というか漫画が描きたいのでお願いして作らせてもらっている形です)


Gareru [ https://gareru.tumblr.com/ ]
↑Webサイトもあります。PDFファイルにて読むことも出来ます。


↑こういう漫画が載っています。


ここでの告知が遅れてしまったのですが、何気にもう2冊刊行しています。お近くにお住いの方、GRIVEにお立ち寄りの際に、気が向いたら目を通してやっていただけると嬉しいです。超がんばって作っております。

◆カメラを買いました

いわゆるデジタル一眼レフカメラというやつです。先述したGareruの制作にあたって、写真をよく撮る様になったので、これを機になんとなく買っちまえ、と、身分不相応な買い物を致しました。

レンズを交換したら出来栄えが全然違う写真が撮れたり、天候によって色合いが全然変わったり、ピントをどこに合わせるか考えたり、楽しいです。色々使っていきたいですね。

髪切らなきゃ

寝ていてパッと目が覚めて、もっかい寝ようと思ったら
ボーッとしてるうちに、体ごと全部裏返ってしまいそうな、吐き気を伴う深い気分の落ち込みに襲われてしまい、胃も痛くなってきちゃって、なんとか起きて今に至る。

最近よくないなと思うのは、人を信じられなくなってきた事だ。色んな気持ちとか気遣いとか、美しいよね、という感性は全然なくなってない…というか、むしろ強くなってきてるとは思うんだけど、そういう美しいものが、どんどん他人事の様に思えてきている訳だ。
他人と他人のやりとりは、すごくいいものに見えるんだけど、それが自分と他人のやりとりになると、自分には向けられてはいないよ、とか、こういう打算が込められているはずだよ、とか。
まぁ、人付き合いってそういうものだと思うし、打算はこもっていていいんだけど。全然いいんだけど。「その言葉にこもる気持ちを信じる」割合は少しずつ下がってきている、という事なのかもしれない。

単純に、30手前でロクに就職もせず、漫画を描くも納得はいかずそれをどこに売り込みにいくわけでもなく、バイトの癖に妙に疲れてしまい、やっぱり金はない、要するにただの自業自得の結晶が徐々に大きくなってきている、というのが原因なのだろう。現実の重みというやつ。

自分を信じられる要素がないので、何かに寄りかかりたくなるが、周囲から人やモノがなくなってきている、なぜなら彼らは彼らの向く方に前に歩いていっているし、俺も歩いているはずだからだ。多分、街灯も、人気もない方向なんだなこっちは、ていう事を、うすうす感じていたはいたけど、いよいよ実感してきているのかもしれない。

などと弱音も程々に、頑張ろう、と思う、思うんだけど、それにつけても最近、缶コーヒー以上の温もりが欲しくてしょうがない。人はもう無理だから、犬とか猫とか飼いたいな、とか考えてたんだけど、命を預かるほどの金がない。飼ったところで、彼らの飯まではなんとか買えても、病気を治してやれるかが怪しいから、流石に飼えない。ので、しょうがない。

孤独を例えると、飢えとか渇きも近いけど、” 冷え ” というのも結構近いかも。共通しているのは、満たされてもまた不足する、という所だろう。だから結局、強くなんなきゃ。頑張ろう。